2020年2月14日金曜日

百年という時間 2

最近、どの本を開いても百年前が舞台だ。二十世紀の初頭、1900年〜1920年頃。どうやら日蓮主義者だったらしい曽祖父角三郎さんのことを調べようと開いた「日蓮主義とはなんだったのか」は、明治維新の二年前に生まれた角三郎さんの壮年時代と重なるから当然のことなのだけれど、「近代日本の民間精神療法」もまた然り。そういえば晴哉先生の生まれたのも1911年。「女たちのテロル」で描かれている金子文子が生きたのも、また同じ時代なのだ。今年が2020年だから、ちょうど百年前の時代、日本が帝国主義に足を踏み出していた頃のこと。そして、おどろくべきこと(ほんとは、驚いてはいけない)なのだけれど、その百年のうち、すでに僕は68年生きている。なんだ、百年前って、たった自分より一世代前の話なのだ。このエントリーを(2)としたのは、三十年近く前、同じタイトルで文章を書いていることに気づいたからで、40歳のときの時間、歴史感覚と、60代の今では、ずいぶん違ってきている。年号という時代区分によって、自分自身の時間感覚が日本という国に絡め取られてきたことを痛感することが最近とみに多い。

2020年2月8日土曜日

練る

本部の修養講座から流れてくる人も、ちらほら増えて、この稽古場の空気も少し変わりつつある。去年からはじまった、ダン先生の個人教授に出ている方もあって、その人たちが、稽古のネタを持ち込んできてくれるのはありがたい。行気主体の稽古なのだけれど、ノートに書かれた手順と組み立てを眺めているだけで、なるほど、こういう整体に向かおうとしているのかが、浮かび上がってくる。つまりは、人為を自然化していくという技術。それが美しい。ただ、ノートに記録されている、たとえば、「H2から右肩に繋がるよう脚の体位を取る」といったとき、どのように脚を動かしていけばよいのか、という一点において、体の練られ具合が歴然と現れてしまうし、この最初の一動作の質が、最終的な行気の出来不出来に繋がってしまう。ここがおもしろく、稽古の醍醐味でもある。

2020年2月5日水曜日

【開催決定】石川合同稽古会

石川合同稽古会の詳細決定しました。
以後、このページで、お知らせしていきます。(2/5)

------------------------------

石川合同稽古会 2020  4月4日〜5日   (pdf版はこちら

 第3回目の石川合同稽古会を開催します。会場は金沢湯涌創作の森で、今回は、覚張幸子さん(専科動法教授資格者・歌手)を迎えての気韻発声の稽古も予定しています。参加希望者は3月20日までに、申込書に必要事項をご記入の上、お申し込みください。

【日時】

 4月4日(土)
  13時〜16時30分 
   稽古Ⅰ 動法入門〜基礎が進化するとは?*(角南・遠藤)
        *稽古1に限り未会員の方も参加可能です
  17時〜19時30分
   稽古Ⅱ 気韻発声(覚張幸子)

 4月5日(日)
  10時〜13時30分 
   稽古Ⅲ 動法入門〜カタと内観(遠藤・角南)
  
【会場】 金沢湯涌創作の森
    金沢駅より北鉄バス12番湯涌線 湯涌創作の森下車 徒歩8分

【担当】
   遠藤日向(金沢稽古会)
   角南和宏(白山稽古会・等持院稽古場)
   覚張幸子(専科動法教授資格)

【会費】 稽古Ⅰ3500円 稽古Ⅱ3000円  稽古Ⅲ 3500円

【宿泊】 一人一泊 2000円 (シーツ代、宿泊税、朝食用食材を含む)18名限定

【申込】 遠藤 rakuendoh@gmail.com  090-3169-2806
     角南 dohokids@gmail.com   070-5592-0591

 覚張幸子さんについて
 十年以上前のこと、いやもう少し前のことかもしれない。風狂知音のライブを横浜関内のエアジンに聴きにいった。ぼくがまだ事務局の仕事と大井町稽古場での稽古担当という二足のわらじを履いて大車輪で活動していた頃のことである。風狂知音は、覚張幸子(vocal)、田村博(piano)、津村和彦(guitar)の三人のジャズユニット。この人たちの作り出す音楽を通して、音楽とは聴くものではなく「体験」するものであるということを学んだのだけれど、その日のライブは格別で、もう、自分の体がバラバラにばらけてしまうという驚愕の経験をした。風狂知音の音楽には、稽古のエッセンスが覚張さんを通して注入されているので、翌日、裕之先生に、「こんな経験をしたのだけれど、これは整体で可能なのか?」と問いにいったことを覚えている。無論、返事は「そうだよ」というもの。それからしばらくして、僕は二足のわらじを脱ぐという一大決心をするのだけれど、このときの、風狂知音の音楽との出会いがひとつの契機であったことは、ぼくのなかでしっかりと記憶されている。数年前、津村さんが逝き、二人組みになってしまったけれど、風狂知音の活動は続いている。できれば、一度、風狂知音の音楽を金沢で聴いてみたい。(角南記)

--------------------------------------------------------------------------------------------

 石川合同稽古会202004 参加申込書 下記内容をメールで送付ください

  1 氏名   
  2 電話番号 
  3 メールアドレス
  4 住所
  5 整体協会の会員ですか?   □はい  □いいえ
  6 希望参加コマ        □稽古Ⅰ □ 稽古Ⅱ □ 稽古Ⅲ 
  7 宿泊を希望されますか?   □希望します  □不要です
                                                                                                                      (  /受付)

------------------------------

第3回目の石川合同稽古会を開催します。
日程は4月4日(土)5日(日)の両日、会場は金沢湯涌創作の森で、今回は、覚張幸子さん(専科動法教授資格者・歌手)を迎えての気韻発声の稽古も予定しています。
詳細は近日中に発表します。(2/5)

2020年2月2日日曜日

寒中見舞い

節分の前に寒中見舞いを…


2020年2月1日土曜日

稽古日程 2020年2月〜3月

最新版はこちら
下記カレンダーはクリックすると拡大されます

・個人教授・個別稽古に違いについては、こちらをお読みください




2020年1月30日木曜日

1月の読書

近現代日本の民間精神療法* 栗田英彦・塚田穂高・吉永進一編 国書刊行会 2019
女たちのテロル* ブレイディみかこ 岩波書店 2019
いぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー* ブレイディみかこ 新潮社 2019
震災風俗嬢*  小野一光 太田出版  2016
銃・病原菌・鉄(下)* ジャレド・ダイアモンド 草思社 2000
犬養毅*  時任英人 山陽新聞社 2002
日蓮主義とはなんだったのか* 大谷栄一 講談社 2019
近くて遠いこの身体(からだ)* 平尾剛 ミシマ社 2014

2020年1月22日水曜日

近代日本の民間精神療法

できるだけ本は図書館で借りて済ますようにしているのだけれど、昨年あたりから、リファレンスの多い分厚い本に挑戦する機会が多くなってしまい、結局、蔵書を増やす結果となっている。こないだ買ってきた「日蓮主義」の本もそうだが、この本も買ってしまうことになるのだろうか。アカデミズムの中で、整体がどのように扱われているのかに興味は勿論あるのだけれど、むしろ、次のような問題意識は、僕自身のものと重なっている。さてお手並み拝見、という感じで読みはじめたところです。

日本近代の科学思想はどのように形成されたのか。歴史的にみるならば、英·米·独·仏·蘭など西欧各国に由来するさまざまな科学思想が、制度化された概念装置がない段階の知的世界へと無秩序な奔流のように流れ込んだことによって形成されたのが、日本近代の科学思想の原型であった。欧米由来のさまざまな科学思想は、翻訳され、紹介され、断片化された形で近代日本の知的世界に移動され、その世界のなかで、欧米においては存在しなかった関係性が作られ、新たな意味が形成された。そこに起きたのは、個々の思想の移植ではなく、個々の思想が互いに関係をもつための新たな言説空間が日本語で形成されたという出来事である。そして、その言説空間では古来の思想と西欧科学思想が混交体を生じ、合理性と神秘性、普遍性と特殊性、近代と前近代、科学と科学外、西欧と日本との往還といった現象がしばしば起こっている。(p.52)